時間が経ちましたが、今年のうちにベトナム旅行の話をしようと思います。

約4年ぶりの海外だったのと、前々からすごーくベトナムにいってみたかったのでだいぶ楽しみにしていたのですが、実はベトナムに着いた翌日に旅先でカード詐欺にあいまして(お金を騙しとられた)、大変な旅だったのです。。。(泣)騙される自分が悪かったのですが、だいぶショッキング悲しい
内容は長くなりすぎると、だいぶ情けないので割愛します。。


詐欺にあった翌日はだいぶショックで何もする気にならなかったのですが、せっかく来たのだから。。。と思って次の日からたくさん遊びました。フォーを食べたりバイクにのってぶらぶらしたり。チェーもめっちゃおいしかった。行きたいと思ってたメコン川のクルーズが一番よかったなぁ。


そんなこんなで詐欺のことを忘れて楽しんでいた夜、なんと詐欺グループの犯人に道端で遭遇!
ここで会ったが三年目(だっけ?)?
「とにかく一緒に警察に来て」と腕をつかんで連れて行こうとしたら

逃げた!(ので追っかけた!!)

「Police!Police!」と大声で叫びまくったら、周りのベトナム人が奴を取り押さえてくれて、モトバイで警察につれていってくれました。すごい人数のベトナム人が集まってきて犯人を取り押さええる光景はすごかったです。アクション映画みたいだった(笑。笑えないけど)


そこからがながーい事情聴取。。。


やっぱり英語が通じない。。。


(警察が)困って、宿泊先のホテルの女の子が呼び出されることに。
私の話すことをベトナム語にしてもらって警察に伝えてもらいました。とはいっても私も英語は片言なのでだいぶ必死。。。あんなに英語を使ったのは生まれて初めてかもしれません。
ホテルの女の子がとても親切で、私のへたくそな英語を長い時間をつきあって翻訳してくれてました。だいぶぐったりしてたけど、彼女にはほんとうに感謝。

結局、証拠が何も無いという理由でお金は返ってこず。(犯人は何もやってないし私のことも知らないと言い張った)たぶん犯人も釈放。
ちなみに犯人はベトナム人ではなく、フィリピン人だったそうです。

注意力が足りなすぎだったのと警戒力のなかった自分が悪いというのが結論なんですが、だいぶ痛かった。。。悲しいこんなに自分が情けないとは、という感じです。楽しみにいったというより、自分を省みる旅というか修行しにいった気がします。
でもそれ以上に周りや家族にだいぶ心配かけてしまったので申し訳なかったです。ところどころで助けてくれたみなさんにありがとうです。


一方でいい出会いもあったし気づいたこともたくさんありました。
ホテルの女の子、旅先でであった日本人、道端でジュースを売ってるベトナム人、、、たくさんいろんな人とコミュニケーションできて楽しかったです。向こうの人はのんびりしているので、あまりカリカリしていないんですよね。すごく穏やか。子供が多いのと、(無邪気でかわいいんですよ)お父さん、お母さん、子供の家族で一緒に行動している姿を街中でたくさん見ました。当たり前にあるような素朴な幸せが一番幸せなんだよなぁ。。と思ったり。


また、30年前までベトナム戦争があった関係で、戦争に関する博物館などもたくさんありました。いくつかいったけど、むごかった。特に子供が被害にあった姿はほんとうに見ていて辛かったです。知らなかったのですがアメリカでもベトナム戦争に反対して戦った人もたくさんいたのですね。やばいなぁ、もうちょっと色々知らないといけないなと思います。
現地の人を見ていると最近まで戦争があったなんととても感じられなかったのです。。。色々あったから幸せそうだったんでしょうか。平和で戦争がない今の時代に生きられたことを感謝しないといけないなと思います。


本当に感慨深い?濃い旅でした。
みなさま、旅には十分お気をつけくださいね。


@旅をしてちょっと人生経験積んだTAMUでした

cimg0961.jpg
▲向こうでフォーばっかり食べてました。野菜はご自由に。

cimg0959.jpg
▲チョロンのビンタイ市場で足つぼマッサージ

cimg0977.jpg
▲メコンデルタの島

cimg1008.jpg
▲同じくメコンデルタ。のんびりしてて気持ちよかった~

cimg1016.jpg
▲お世話になったホテルのお姉さん

cimg1059.jpg
▲アオザイ美女が撮影してました。ベトナムの女性はスタイル良くて美しい!

cimg1066.jpg
▲ドンコイ通りのもうちょい先にある動物園。地元の家族づれがたくさんいました。

Comments

    • オヤジギャガー's comment
    • 2007年12月31日 18:31
    • そら、災難だったなもし...詐欺団員の名前とかわかってんの?証拠不十分なら教えてもらえないんだろうなあ...ていうか、そのメコンデルタを舞台にした大捕物帖のシーンを想像しただけでなんだか笑う(スマン)
      ...東南アジアは...パクチーの味つけと高温多湿さえなければわたしも是非行きたいんですが...(汗かきオヤヂw)
      ...子どもの数が多い、ということは、比較して大人の数が少ないということでもあるんだよな...ううむ。
    • TAMU's comment
    • 2007年12月31日 23:00
    • >ギャガーさま
      犯人の名前、分かりましたよ。警察にパスポート出さされてたから。(自分の聞いた名前と全然違ったけど)
      想像するとすごいでしょ。。。なんかウソみたいですよ。録画しときたかったー
      ベトナムはあんまりパクチーないですよ。暑いけど。ご飯はめちゃんこウマーです。
      そうかー子供多いと大人が少ないのか。。。なるほどねぇ。
    • たま's comment
    • 2007年12月31日 23:18
    • うあ。そんな出来事が。。。
      貴重な経験でしたね。おつかれさまでした。
      写真見てワクワクしました。
      一人旅いいなあ。
      国の歴史は、海外に行くと自分の何も知らなさに驚きますよね。
      私も毎回痛感します。
    • 305's comment
    • 2008年01月01日 18:32
    • すごいすごい{びっくり}
      めっちゃドラマのよう{汗}映画化しましょう!!
      でもほんと良い写真だね{ハート}
      うちもベトナムいきたいなー{ラブ}
    • TAMU's comment
    • 2008年01月03日 18:18
    • >たまさん
      そうなんす。そんなことがあったんです。。。
      一人旅いいっすよー、まじで。
      他国の歴史どころか自分の住んでる国の歴史もだいぶ忘れてしまっているかも。
      これを期にさらってみようかなーとか思ったりします。
      >305
      ドラマ化っすか!?(爆)
      じゃあ主演はsamara ね(笑)
      島はほんとにオススメだよー
      のんびりできるよー
    • 大きいヤツ's comment
    • 2008年01月05日 21:43
    • あれ?カンボジアは?
      俺も英語はキツイです
      でもエスパニョルはだいぶ余裕です
    • TAMU's comment
    • 2008年01月06日 11:16
    • >大きいヤツ
      カンボジアはいろいろあっていけなかったの。今度は絶対行く!
      エスパニョルいけるの!?すげー!!
      旅先で恋をするYOUの気持ちがちょっと理解できました。あははー!(笑)あたしもベトナム語覚えようかな。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ